みみの病気|耳鼻咽喉科いわはしクリニック

〒534-0013 大阪府大阪市都島区内代町2丁目7−3 オカダ本館ビル1F
06-6956-3387
WEB予約

みみの病気

Medical

みみの病気|耳鼻咽喉科いわはしクリニック

主な症状

  • 耳が痛い
  • 耳だれが出る
  • 聞こえが悪い
  • 耳鳴りがする
  • 耳がつまる

耳の病気

急性中耳炎

最も一般的な中耳炎で耳管の未発達な乳幼児に多いですが、大人でも中耳炎になる場合があります。成長途中のお子さまは耳管が未発達のため十分な長さがなく角度が水平に近いことから細菌などが侵入しやすいと考えられています。

風邪をひいた時など、鼻やのどの炎症に引き続いて起こることが多く、原因のほとんどは細菌による感染です。肺炎球菌、インフルエンザ菌、モラクセラ・カタラーリスが主な起炎菌です。

症状としては、はげしい耳の痛み、発熱、耳だれ、耳がつまった感じ、聞こえにくさなどがあります。耳が痛いことをうまく伝えられない小さなお子さまの症状では、機嫌が悪く泣いて頻繁に耳に手を当てるといったものがあります。

治療としては、軽症の場合は抗生物質や消炎剤などの内服や、炎症をやわらげる薬液を点耳します。膿が溜まって鼓膜の腫れがひどく、痛みが強い場合は鼓膜を切開し、溜まっている膿や滲出液を排出します。鼓膜は再生力が強いので、炎症が鎮まればほとんどの場合数日で閉鎖します。

滲出性中耳炎

鼓膜の奥の中耳腔(鼓膜の内側にある空間)に浸出液がたまり聞こえが悪くなる病気です。
乳幼児期から小児期に起こる伝音難聴の原因として最も多いです。その原因は中耳の炎症と耳管の働きの悪さであると考えられています。急性中耳炎と違い、耳の痛みや発熱などの症状がほとんど無いため、幼いお子さまが自分から耳の症状を訴えることはほとんどありません。

症状としては、鼓膜の内側に液体がたまるため、鼓膜の働きが悪くなることで聞こえが悪くなります。聞こえが悪くボーッとした感じがする、聞こえにくいため聞き返しが多くなるなどの症状があります。急に聞こえが悪くなると病気に気がつきやすいですが、滲出液は少しずつ溜まっていきますので、本人も周囲の家族も気がつきにくいです。滲出液の貯留が長期間に及ぶと滲出液は粘り気をもつようになり、難聴がさらに悪化します。

治療としては、鼻のネブライザー療法や鼻水の吸引など局所の処置を行い、鼻咽腔の状態の改善に努めます。
副鼻腔炎を合併した滲出性中耳炎にはマクロライド系抗菌薬の少量長期投与が有効です。鼻から耳に空気を送る耳管通気という処置をしたり、鼓膜を切開して中に溜まった滲出液を出したりします。何度も繰り返すようなら、鼓膜にチューブを入れて液体がたまらないようにする処置を行うこともあります。滲出性中耳炎の治療は長期にわたりやすく、また再発の多い疾患ですが、根気よく治療を続けましょう。また、鼻すすりが中耳炎に悪影響を及ぼすため、鼻すすりの習慣はやめるように指導しています。

お子さまの場合の注意点として、言葉の発達への影響があります。滲出性中耳炎による言葉の発達障害は3歳で6~8%、幼稚園で2~13%との報告があります。幼児期は言葉の覚えや、性格の形成に大切な時期なので、軽い難聴であっても早めに治療することが大切です。

外耳炎

耳の穴の皮膚が細菌感染などによる炎症を起こした状態です。耳掃除をしすぎてなることが多いです。
耳の穴の皮膚は非常に薄く、少しの刺激でも傷がついたり荒れたりします。症状は、はげしい痛みやひどいかゆみなどがあります。

耳だれが出てくることもあり、ひどくなると難聴や耳閉塞感を伴い顔面が腫れる場合もあります。

耳鳴り

耳鳴りとは外で音がしていないのに音が聞こえる状態です。

耳鳴りを訴える人の多くは何らかの聴力障害を持っていますが、検査では聴力が正常でも耳鳴りを訴える人がいます。耳鳴りは過労やストレス、心理的要因などによってひどくなります。耳鳴りがひどい方は一度耳鼻咽喉科を受診して聴力検査をすることをおすすめします。

難聴

急に耳が聞こえなくなった場合は心配になりますよね。できれば数日以内に耳鼻咽喉科を受診しましょう。

近年の研究では、難聴は神経への血流障害やウイルス感染や内耳のリンパ水腫による障害であると考える説が有力とされていますが、原因がはっきりしていない病気です。突発性難聴は突然耳が聞こえにくくなり、耳がふさがった様な感じになります。場合によっては耳鳴りやめまいを伴うことがあります。

耳垢

耳垢には、乾燥した耳垢と粘性の耳垢の2種類があります。生まれつき遺伝的に決まっているため、この性質が途中で変化することはありません。日本人は約7割が乾燥型といわれています。綿棒で耳掃除をする場合、耳垢を奥に押し込んでしまうことがありますので、なるべく自分では耳掃除をしない様にしてください。

もし耳垢を耳の奥に押し込んでしまうと耳垢塞栓という耳垢がいっぱいに詰まった状態になる可能性があります。

めまい

人間は、眼(視覚)・耳(平衡感覚)・皮膚・筋肉・間接等(体制感覚)から送られる情報を脳が統合することで保たれています。耳には聴力と平衡感覚の2つの働きがあります。平衡感覚を維持する三半規管に障害がおきるとうまくバランスがとれなくなります。めまいは頻度的には耳の病気や自律神経の問題から起きることが多いです。

一言で「めまい」と言ってもその症状は様々であり、ぐるぐる回る感じ、ふわふわ浮く感じ、よろよろよろめく感じ、立ちくらむ感じなど様々な訴えがあります。めまいのイメージとしては、内科・脳外科に関連するめまいが多いとお考えになっている方がいますが、めまいの原因としては耳鼻咽喉科に関連する疾患が最も多いです。

メニエール病は耳のめまいの病気として有名であり、内耳のリンパ液のむくみで起こると言われています。症状としては難聴とめまいをくりかえす病気です。