こどもの発音・発語|耳鼻咽喉科いわはしクリニック

〒534-0013 大阪府大阪市都島区内代町2丁目7−3 オカダ本館ビル1F
06-6956-3387
WEB予約

こどもの発音・発語

Medical

こどもの発音・発語|耳鼻咽喉科いわはしクリニック

話し言葉の発達

    生まれたばかりの子どもはまだ言葉を理解することも、話すこともできません。人とかかわることで物と言葉を結び付けていき、少しずつ言葉を学んでいきます。また、大人の話し言葉を繰り返し真似することで、少しずつ話し方も学んでいきます。唇・舌・口蓋(口の天井)などの“話し言葉に関わる器官”が発達し、意識せずに動かせるようになると大人と同じように話せるようになります。

    話し言葉の学習は、おおよそ一定の決まった順番ですすんでいきます。

    【構音の発達の順番】

    • 4歳代まで:母音(ア・イ・ウ・エ・オ)、カ行、ガ行、ナ行、ハ行、パ行、バ行、マ行、ヤ行、ワ行、チャ行、タ、ツ、テ、ト、ダ、ヅ、デ、ド
    • 5歳代:サ行、ザ行、ラ行、タ、ツ

    子どもの話し言葉が気になる

    子どもの話し方が気になる場合や、聞き取りにくい音がある場合には、例えば以下のようなものがあります。

    • さかな→「あかな」のように、子音が抜けた音になる
    • とうもろこし→「とうもころし」のように、音を入れ替えて話す
    • カ行→「タ行」、ガ行→「ダ行」になる
    • サ行→「タ行、シャ行・チャ行」になる
    • ラ行→「ダ行」になる
    • 音が鼻から抜けるような話し方になる
    • 喉に力を入れすぎているような、詰まらせたような話し方になる
    • 日本語にないような音で話す(音がひずんでいる)

    このような誤りのなかには発達の途中に起こるものもあり、その場合は言葉の発達とともに徐々になくなると言われています。一方、就学が近い頃になってもうまく言えない音がある場合や、同じ誤りがずっと続いている場合は、リハビリテーションを通して練習が必要になることがあります。

     気を付けるポイント

    子どもの話し方が気になる場合や間違っている場合に大人が注意をしたり言い直しをさせたりすると、子どもは話すことが嫌になったり、さらにうまく話せなくなったりすることがあります。また、誤った練習を繰り返すと悪化するおそれもあります。

    話し言葉は口の動きがとても大切なため、普段から食事の時によく噛んで食べたり、唇や舌を使った遊びをしたり、話す時間をたくさん増やすことが大切です。