こどもの病気|耳鼻咽喉科いわはしクリニック

〒534-0013 大阪府大阪市都島区内代町2丁目7−3 オカダ本館ビル1F
06-6956-3387
WEB予約

こどもの病気

Medical

こどもの病気|耳鼻咽喉科いわはしクリニック

急性中耳炎

一般的な中耳炎で、中耳(耳の鼓膜から奥の部分)に細菌やウイルスが入り込み、原因である細菌は鼻から耳管を通じて中耳に炎症が広がって起こります。

主な症状は、耳の痛み、耳が聞こえにくくなる、耳の閉塞感、耳漏(耳垂れ)、中度の発熱などです。乳児では痛みを訴えられないために、機嫌が悪くなってぐずったり、しきりに耳に手をやったりします。

診断にあたっては、耳鼻咽喉科の医師が鼓膜を見て、鼓膜が赤かったり、腫れていたりすることを確認します。また、鼓膜の奥の中耳に膿がたまって、鼓膜が膨れているのが観察できることもあります。軽症の場合は抗生物質や消炎剤などの服用や、炎症をやわらげる薬液を耳にたらすことで治療します。

滲出性中耳炎

鼻と中耳をつなぐ耳管が太くて短い、アデノイド肥大などが原因。中耳に慢性的に液体がたまる滲出性中耳炎がおこっていることがあります。症状は、痛みなどはありませんが、難聴があり聞き返しが多くなったりします。

治療としては、内服治療のほか、原因となっているアデノイドや副鼻腔炎の治療、鼓膜チューブ留置術を行う場合もあります。

小児副鼻腔炎

鼻の副鼻腔という場所に炎症が起きた状態であり、通常は副鼻腔の炎症が慢性化した場合を小児副鼻腔炎と言います。症状としては鼻づまりと鼻汁がよくみられます。アデノイド増殖やアレルギー性鼻炎により鼻づまりが悪化し、いびきや口呼吸の症状が出現することもあります。

診断はX線検査で副鼻腔の陰影を確認することで行います。また、ファイバースコープで鼻内の状態を確認することでも診断がつく場合があります。アデノイド増殖やアレルギー性鼻炎を合併しやすいため、適宜これらに関する検査も行います。

治療としては、鼻汁の吸引や症状に応じて抗菌薬の投与などを行います。マクロライド少量長期療法は本来の抗菌作用ではなく抗炎症作用、免疫系への作用、細菌のバイオフォルム形成や付着抑制作用などを期待して投与されます。通常3ヶ月程度の治療をお勧めしております。

アレルギー性鼻炎

アレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となる物質)を吸入することで、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が出ます。風邪とは異なり、のどの痛みや熱などは伴いません。

最近では低年齢化が進んでおり、子供のアレルギー性鼻炎も認められます。家の埃やダニの糞・死骸、ペットのフケやカビなどが原因となります。症状としては、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりが3大症状です。子供のアレルギー性鼻炎の場合は、成人に比べて鼻づまりが多く、くしゃみが少ない傾向があります。また、目の痒みや充血などの症状が成人に比べて強く現れます。

気管支喘息やアトピー性皮膚炎、副鼻腔炎、扁桃肥大などの合併症がよくみられます。診断は発症時期や症状の程度、家族のアレルギー既往歴などについて確認します。また、鼻粘膜の状態を見て風邪などと見分けます。原因となっている抗原を特定するためには血液検査を行います。

アレルギー性鼻炎の症状を改善するには、家の埃、ダニの糞・死骸、ペットのフケやカビなどにさらされないように環境整備(部屋をこまめに掃除する、床をフローリングに変えるなど)をします。さらに、抗アレルギー薬や鼻スプレーで症状を抑えます。

扁桃肥大

のどにはリンパ組織(リンパ球と抗体の産生を行う組織)が発達しています。このリンパ小節の集まりを扁桃と言い、口蓋垂(のどちんこ)の両側に見える隆起した部分を口蓋扁桃と呼びます。この口蓋扁桃が通常よりも大きくなった状態が扁桃肥大です。

軽度であれば自覚症状はありませんが、のどの空気の通り道が狭くなるため、いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因になります。診察により診断がつき、必要に応じて睡眠時無呼吸の検査をすることがあります。睡眠時の無呼吸症状が持続したり、感染症を繰り返したりするようなら、手術の適応となります。

扁桃炎

扁桃炎とは口蓋垂にウイルスや細菌による急性の炎症が起こる病気です。
風邪のような症状(高熱や寒気、頭痛、全身の倦怠感、関節痛)と強い咽頭痛が現れます。のどの奥を見ると、両脇が赤く腫れているのが観察されます。

副鼻腔炎(蓄膿症)

鼻の副鼻腔という場所に炎症が起きる病気です。
風邪の症状が出てから1週間ほどしてから、風邪に続いて細菌感染が副鼻腔に起こり、この疾患は発症します。

膿のような鼻汁が出ることがあります。頬や目の奥の痛み、頭痛、頭重感、発熱などを伴うことがあります。

RSウイルス感染症

冬から春にかけて流行する乳幼児の呼吸器における代表的なウイルス性の感染症です。鼻水、咳、発熱などの症状で発症し多くの場合1~2週間で改善します。

しかし生後1年以内の乳児では重症化する場合もあり注意が必要です。また中耳炎を合併することもあります。

咽頭結膜炎

咽頭結膜熱は、アデノウイルスというウイルスによって引き起こされる感染症で、プールの水を介して感染することもあることからプール熱とも呼ばれています。特に幼児から学童にかけての子どもがかかりやすい感染症です。咽頭炎(のどの痛み)、結膜炎(目の充血)、発熱が主な症状としてあらわれるため、咽頭結膜熱と呼ばれています。

6月頃から始まり7~8月頃にピークに10月頃まで流行する、夏の代表的なウイルス性の感染症です。

溶連菌感染症

A群溶連菌という細菌による感染症です。発熱や咽頭痛などの口の中の扁桃を中心とした急性感染がメインとなりますが、舌炎や発疹などの症状が出現する場合もあります。主に“のど”に感染して、咽頭炎や扁桃炎、それに小さく紅い発疹を伴う猩紅熱といった病気を引き起こします。

急性症状の寛解後に1%程度で、免疫反応を原因とするリウマチ熱、腎炎、アレルギー性紫斑病などの全身合併症を起こす場合があります。そのため溶連菌の除菌に関しては注意が必要となります。

手足口病・ヘルパンギーナ

手足口病は夏季に流行する感染症で、4~6日間の潜伏期間の後に発熱や咳、鼻汁などの感冒症状に合わせて、典型的には手のひら、足の裏を中心に赤みのある小さな水疱がみられるようになります。また口の中の粘膜や舌にも口内炎のような潰瘍が認められることもあり、痛がることもあります。

発熱時に熱性けいれん、腹痛や嘔吐、頭痛などが起きることも。さらに、水膨れによって飲んだり食べたりするのがつらくなるため、脱水症状を起こすこともあります。熱は2~4日ほどで下がり、水膨れも1週間ほどで消えます。低年齢であるほど手、足、口の発疹が出そろいやすいとされています。

ヘルパンギーナでも咳や鼻汁などの感冒症状と急な高熱が認められますが、のどに水疱や潰瘍ができて痛みが強いのが特徴です。やはり食事や水分が取れなくなってしまうこともあります。夏季に流行するエンテロウイルス属による感染症の総称を夏かぜと呼びますが、手足口病とヘルパンギーナもその代表的な疾患です。

いずれも特効薬がないため、対症療法が治療の主体となります。

ヘルペス性歯肉口内炎

単純ヘルペスウイルスが初めて感染した時に発生しやすく6カ月から6歳の乳幼児によくみられます。

発熱、不機嫌で発症し、口唇、歯肉(歯ぐき)、舌などに水疱、赤み、潰瘍が出現します。
口の中の痛みのため食事や水分摂取が困難になり、唾液が増えることもあります。治療は抗ウイルス薬や対症療法によって症状を緩和します。

このウイルスは、一度感染すると生涯神経節に潜み続け(潜伏)、体の抵抗力が低下した場合に再発します。

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

ムンプスウイルスによる感染症で4~6歳に多くみられます。

潜伏期間は16~18日間です。発熱に伴い耳下腺という両耳の下にある唾液腺が腫れるため、食事の時に痛みが強く、食べられなくなってしまうこともあります。

耳下腺が両側とも腫れることが多いのですが片側だけの場合や、あごの下の顎下腺だけが腫れることもあり、そのパターンはさまざまです。また、2歳未満では症状が現れないこと(不顕性感染)も多いとされています。

おたふくかぜの場合も特効薬はありませんので治療の中心は症状に合わせた対症療法です。わが国ではおたふくかぜの予防接種は定期接種の対象外(任意接種)となっていますが、おたふくかぜを発症した患者さまの約1,000人に1人は合併症として難聴を発症し(※1)、その場合は聴力の回復は困難であることから、予防接種を受けておくことがとても大切です。